HOME > 営業マン育成支援 > 違いのつくり方講座

違いのつくり方講座

 

売れる営業マンだけが知っている・・違いのつくり方1(問屋セールス必修)

売れる営業マンは、違いをつくりだしている!

マーケットの拡大は、当分見込めそうにありません。

今後あらゆる業界で、シェアを奪う側と奪われる側に2極化していくことが、予測されます。

あなたの会社の営業マンが、シェアを奪う側に回るために、どうしても必要なことがあります・・

 

それは、『違い』のつくり方を学ぶことです。

 

他社からシェアを奪ってくるためには、他社との『違い』が必須です。

違いがない状態で、シェアを奪うことはできません。

しかしながら、問屋や販社の場合、商品で違いを出すことは難しい・・

答えは2つしかありません。

価格を下げるか、営業マン自身が違いをつくりだすか。

価格で違いを出そうとすると、価格競争の泥沼にはまり込みます。

残された道はひとつ・・営業マン自身が『違い』をつくりだす必要があるのです。

多くの営業が、違いをつくろうとしない理由・・

そもそも、問屋営業の多くは、はなから『違い』をつくろうとしていません。

(だから、違いをつくれる営業マンに、売上が集中してしまうのです)

これには、理由があります。

ルートセールスの場合、大半の営業マンが、「シェアを守る活動」で仕事を覚えます。

このことが、「違いをつくれない営業マン」を生み出す、最大の原因となるのです。

 

シェアを守る活動においては、他社との違いをつくる必要はありません。

防御戦で必要なのは、競争相手との「違いを消す」ことです。

売り込み相手の営業マンと同じことをしていれば、十分に顧客を守れるのです。

顧客から見て大きな違いがないなら、わざわざ仕入先を変える必要はないからです。

 

防御戦で仕事を覚えた営業マンは、攻撃戦においても、同じ戦い方をしようとします。

しかし、それでは、成果が出るはずがないのです・・

違いを消す・・だけでは、現在の仕入先に勝てるはずがありません。

しかし、違いを消すことしか知らない営業マンは、

「競争相手と同じことをして勝てないのだから、会社や商品が悪いのだ・・」と考えます。

究極の悪循環です。 攻撃戦においては、営業マン自身が、違いをつくり出す必要があるのです。

違いのつくり方は学べる!

違いのつくり方を学び、営業マンが勝つ喜びを知ると、現場は一変します。

成功が成功を呼び、競争が始まります。

 

さて、違いをつくり出すとは、どういうことか・・・

違いのつくり方には、原則があります。

私が知っている限り、すべての売れる営業マンが、いずれかの原則に従っているのです。

そう難しいことではありません。

断言します。『違いのつくり方』は、学べます。

 

ご希望の企業様むけに、『違いのつくり方講座』を実施しております。

研修は、担当講師と営業マンの相性が、致命的に重要です。

受講者に「この人の話を聞いてみよう・・」と感じさせることができなければ、いくらいい内容でも、何も伝わりません。

興味のある方は、まず無料のスタート講座をお試しください。

スタート講座で、営業マンの反応が良かった場合のみ、本講座(有料)にお進みください。
※お申し込みをされても、本講座に進む義務は、一切発生しません。

 

ただし、まことに勝手ながら、個人事務所のため業務量に限界があり、 スタート講座は、毎月2社様に限定しております。

先着順となりますので、お時間をいただく場合がございますことを、何卒ご了承くださいませ。

 

●対象:問屋/販社の営業マン(法人対象)●実施場所:御社

講座名内容時間料金
スタート講座 ○不況期の戦い方!
○シェアを奪うためには、他社との違いが必須
○<実例から学ぶ> 違いをつくる5つの原則
1時間 無料
第2講座
※本講座
(第一原則)ターゲット選定の原則
(第二原則)攻撃地点の原則
(第三原則)攻撃量の原則
2時間 20万円
第3講座
※本講座
(第四原則)コミュニケーションの原則
(第五原則)提案の原則
★自社の場合の違いのつくり方を考える!
2時間 20万円

 

※各講座は、別な日程で実施します。(原則月1回のペース)

※消費税および交通費実費は、別途ご請求となります。(本講座のみ)

本講座に進まれるかどうかは、スタート講座受講後に、ご判断ください。

スタート講座を申し込まれても、本講座実施の義務は一切発生しません。

個人事務所のため業務量に限界があり、スタート講座実施は、毎月先着2社様に限定させていただいております。お申し込みをいただいてから、お時間をいただく 場合がございますことを、あらかじめご了承くださいませ。

スタート講座をご希望のお客様は、下記お問い合せフォームから、お申し込みくださいませ。

 

このページの先頭へ戻る